title


【11,000メートルへ向かう】

雲の上に出た。そこは別世界、私の眼を突き射すように真っ青な光が降り注いでいた。

しかし、このグラデーションは美しい。・・・眼を奪われてしまった。